2009年03月28日

サバの刺身!?

KC380149.jpg

東日本では、サバは締めるのが当たり前!
生サバなんて恐ろしい。誰もがそう思うもの。
その常識をひっくり返したのは、八戸の「サバの駅」ですぴかぴか(新しい)

「脂の乗った八戸前沖サバを刺身でどうぞ」

美味しいexclamation×2exclamation×2
口の中で脂がとろっと解けてなじむ。

なぜ、今まで、こんなに美味しい“サバの刺身”がなかったのかが不思議なほど目

これには、やはり訳がありました。
本当に痛みやすいサバを、漁獲した船ですぐマイナス40度以下の超低温で瞬間凍結するという漁船が、2008年の12月に八戸前沖で初水揚げとなり、夢の「サバの刺身」が実現したのです。

この冷凍技術によって、身の縮みがなく、冷凍保存で雑菌や寄生虫も死滅し、アレルギー症状を誘発するヒスタミンの蓄積も抑えるパンチとのこと。
もちろん、サバの守り神である駅長の手により、解凍の管理は充分に配慮され、ここでしか食せない「サバの刺身」が誕生したのです。

そして、サバの“づけ”が、またなんとも言えぬ美味ハートたち(複数ハート)
だまされたと思って食べてみてわーい(嬉しい顔)
の一言で、口にして、本当に幸せな気持ちになりました。
みろく横丁では、あと3日!
もしも、行けるなら、ぜひぜひ食べてみてくださいexclamation×2
写真が無いのが申し訳ない・・・

by レポーターmickey
posted by サバログ at 16:52| Comment(3) | サバ料理
この記事へのコメント
 お世話になります、どうしても生の刺身を
 食べたいのですが、東京まで、配送出来ま
すか?ご連絡願います。
 
Posted by 田村 典雄 at 2011年10月26日 11:43
お返事遅くなってすみません。
発送出来ますので、サバの駅まで
電話お願いします。

0178−24−3839

15時〜24時までにご連絡お願いします。
日曜日は定休日になります。
Posted by サバの駅 at 2011年11月14日 19:27
http://hachinohe-sabanoeki.com/
こちらのトップページ、上段メニューのリンク先が全てindex.htmlになっているのですが、貼り間違いではないでしょうか?コメント表示不要でっす^^
Posted by 匿名 at 2014年04月24日 08:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]