2009年03月27日

なぜに八戸のサバなの?

saba1.jpg素朴な疑問でした目
サバは全国でとれるお魚。
ワタクシ的には、サバといえば、「関サバ」が有名?と思っていました。わーい(嬉しい顔)
全国的イメージ、刺身といえば、関サバ!そのわけは、あまり行動範囲が広くないため、身がしまって、脂もほどほど。そのサバ君を傷まないように一本釣りにし、活けじめをしたブランドサバなのだそうです。関サバは、なんとなく“ハンサムボーイ”という感じ。

では、八戸前沖サバは?
これがまた、太平洋を北に南に回遊するサバちゃんで、南で生まれて、北に北上しながら成長し、北海道でたらふくプランクトンを食べて、また産卵のために南下する。

その南下して、充分な脂を蓄えて、気力も体力も充実したあたりがサバの旬の9月。その時期に到達するのが、北緯45度30分の八戸前沖という訳。

思わず、デカイ!と口にだすほど、丸々と太ったサバちゃんを、あえて「八戸前沖サバ」と呼ぶのだそうです。
もう、その姿を見ただけで、脂がジュワーっと言う感じ。
ん・・・でもあえて言うならサバの“メタボパパ”かなぁ。

by mickey
posted by サバログ at 11:16| Comment(3) | 前沖さばレポート
この記事へのコメント
サバ子さん、、、サバについて色々勉強しているんですね
知っている様で中々知らないものですよね

話は変わりますが先日の「輪の酒」発見のイベント、、、、、私も会長の命令でカクテルコーナーに参加させて頂きました
みなさんのお手伝いのお陰でそれなりに無事終わりました
周りからは良かった良かったと言われますが
自分としてはどうだったのかと反省もしております
兎に角、S会長には大変お世話になりました
宜しくお伝えください

   洋酒喫茶  プリンス
Posted by 洋酒喫茶 プリンス at 2010年06月03日 13:43
プリンスさん
コメントありがとうございます。
『輪の酒』発見イベントお疲れさまでした。
プリンスさんはじめ、皆さんのおかげで大盛会だったと、沢上より聞いております。


6月2日より今日まで、盛岡のアネックス
川徳で、青森・八戸『味』めぐりの催事で
八戸ばくだんを出展しております。
帰りましたら、伝えておきますね。
これからもよろしくお願いします。

BS.今度カクテルデビューさせてください★
Posted by サバ子 at 2010年06月04日 22:10
お返事有難う御座います
先日も地酒研究会のY氏なども言っていましたが、駅長は暇が無くホント大変ですね
体調管理たいへんでしょうね
いつも感心しています

また何かありましたらコメント入れます

    洋酒喫茶 プリンス
Posted by 洋酒喫茶 プリンス at 2010年06月05日 14:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]