2016年12月07日

船上活〆陸凍サバ

昨年ご好評いただいた、
『船上活〆陸凍サバ』が始まりました。
期間限定12月2日〜12月24日までです。
(俵屋は25日まで)

県産業技術センター食品総合研究所(青森県八戸市)が開発した製造方法を用いた刺し身用サバです。

1) 定置網漁船「第38日の出丸」(同市南浜漁協所属)の乗組員が漁獲直後に船上で尾を切って血抜き処理

2) 水揚げ後すぐに市内の水産加工会社「ヤマヨ」で3枚おろしにし、真空包装して氷点下60度の超低温で凍結、保管。

この漁業者、加工業者の連携による製造方法により、脂の酸化や乾燥を防ぎ寄生虫も死滅するため、漁獲直後の高い鮮度を保つことが可能になりました。

origin_1.jpg
※写真は12/3の東奥日報さん。この写真、夕方撮りに来て夜には朝刊の記事になってネットに出ていました。東奥日報さん、早っ!(笑)
ありがとうございました。

12/3の東奥日報さんの記事はこちらです。

記事にもあるように、鮮やかな色合いと生臭さがないのが特長です。

ぜひ一度、お召し上りください。 
期間限定、12月24日(土)までです。

従来の「船凍サバ」との食べ比べもございます。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 八戸情報へ  

<北緯40度30分 日本最北端のサバ>
八戸前沖サバを日本中のご家庭へお届けしたい!

ネットショップ 『サバの駅工房』
side_navi4_off.jpg

LOGO.jpg


posted by サバログ at 21:11| サバ料理